Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://gomiheart.blog118.fc2.com/tb.php/557-fbca6f72
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

明晰夢からの離脱みたいな

 

今日はとても機嫌が良いです

いい夢ばかりみた

心が晴れわたってるぜッ!ひゃっほー

テスト終わったら曇天になりそうですが……

長門マンがまた夢に出てきました

長門マンごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 



児童館の跡地を見た

あぁ、無くなっちゃッたんだなぁと悲しんだ

でもなんか違う。あんれぇー?・ε・

ここ、小学校の校庭じゃないか

でも児童館跡地……あんれぇー?

ごみ『夢じゃん。うぉっしゃーッ!』

表層意識見参ッ!夢のクオリティは名倉だからローリングなんていらないぜ!

と、ヤバイ。興奮して目が覚めたら意味がない

落ち着け俺。KOOLになるんだ。

とりあえず地面を触っておいた

校庭内を見回すと、背の高い男が二人いた

近寄ってみたら、すごい…道化師で恐いです…

ピエロ苦手なんです。なんであんな恐いメイクなの

ピエロ


ごみ『こんにちは』

ピA『おう、なんだ?』

ピB『お前も悪魔になるか。あひゃひゃ』

ピエロが笑った時に舌に黄色い何かが見えた

ごみ『悪魔なん?』

ピA『あぁ、そうだぜ』

ピB『まだなったばかりだけどな。ヒヒ』

ピA『馬鹿、そんなこと言ったら舐められるだろうが』

ピB『そうだな。せっかくメイクしたのに意味なくなっちゃうな。フヒ』

ごみ『メイクしてんの?』

ピB『あぁ、ほれ』

ピエロは口を大きく開けて、舌を見せた

黄色いバットシンボルがあった

ピB『実はシールなんだけどな。フヒヒ』

ピA『だから、そういうことは言うなって言ってんだろ!』

ピB『すまんすまん。へへ』

コント見てるみたいで全然怖くない\(^o^)/

ごみ『なったばかりって言ってたけど元は人間だったの?』

ピA『あぁ、そうだ』

ピB『フヒヒ。なりかた教えてやろうか?』

ごみ『うん』

ピB『まず、なりかたは二つある。
1つは痛い。もう1つは痛くないようで痛い。フヒ。
痛い方は口から食われる。口が裂けてる奴がいるのはそのため
もう1つは殺される。殺し方は向こうが決めるから痛くないものもあるかもしれない。
だけど相手は悪魔だしね。フヒヒヒヒ』

ピA『俺は死んだ方だ。そいつは食われた。
どうだ。やらないか』

ピB『食われるの気持いいぜぇ?ヒヒヒヒ』

ごみ『ごめん。遠慮しとくよ』

ピA『そうか。嫌ならしょうがないな』

ピB『いつか食わせろよ。フヒ』


場面が変わり、建物の中

プラモデルとかフィギュアがいっぱい

倉庫みたいだ

児童館の職員がいた

あんれぇ~?なんかその職員所有みたい

とりあえずこんだけあるんだから1つぐらい見てみてもいいよね!

いや、外装が何も無いんです。白い箱にフィルムで中が見えるようになってるんだ。

手近にあったものを抜き取って開けてみた

筋肉マンのフィギュア^q^興味ないです

他のも見ようとしたら、知り合いの子が来た

他県の学校に寮生活している子。懐かしいね君

肩に跨ってきやがりました。重いです

じゃれてたらまた場面は変わる


駅のホーム。だけど日本にはなさそうな外装

西洋式だから探せばあるかもしれないけど、風景がとても綺麗でした。

山川湖!大自然ッ!

風景1


そこに、悪魔♂が2人と天使♀が2人と人間♀が一人

天使とか両性なんちゃらだから性別なんて関係ないけどね!

最初に会った悪魔とは違います。背中に黒い翼が生えていた。リュークみたいな感じ

ビジュアル系って言うんですか。そっち方面は疎いので何とも。

天使は白い翼でちょい露出度高くね?そんな卑猥な格好でいいの?って感じでした

なんか和気藹々と話した。悪魔と天使って仲いいんだナァっとしみじみ思う

と、ボクの邪眼・・・じゃなかった観察眼であることに気付きます

この天使、惚れてるな・・・っと

悪魔と付き合ったり結婚できたりするのか、そもそもそういう概念があるのか不明ですが!

他の2人と手を組んで2人にしてあげました^q^


カッコイイ悪魔君。本当、誑かされた女の子に、この悪魔!って言われそうなぐらいカッコイイ

そんな悪魔君と隣同士で話している

そこに天使Aがターゲット天使Bを連れて来た。

フフ、思ったとおりソワソワしているよ。ユーは素直だね。フフ、食べちゃいたいけど取っておくよフフ

悪魔A「ごみ、向こうの景色も綺麗なんだぜ」

ごみ「まじで?じゃぁ行こうぜ。あ、天使Bちゃん此処座っていいよ」

天使B「え?ででででも・・・」

天使A「ほら、遠慮なんてしないの!親切には応えなきゃ」

天使Aは天使Bの背中を少々強く押した

天使B「きゃっ」

よろけて転ぶ天使B。起こしてあげる悪魔君

見つめあう二人。そそくさと退散する僕達

うーん

計画通り


あ、悪魔君ってアニメとかの悪魔君じゃないよ?そこんところ注意してね!

暫し観察。にまーっと微笑んだのは言うまでもない^q^

そして悪魔、天使共にもう帰りの汽車が来るということでお帰りになりました。

汽車なんて生で見たこと・・・あった!

動いてるのは生で見たこと・・・ないと思う。多分

でっけぇ、かっけぇ、のりてぇでも乗れねぇ!


皆をお見送り。残るはボクと女の子

駅の待合室のような庭園のような場所

池に石橋が架かっていて、真ん中で休憩できる

その周りを人魚が泳いでいた。

ファンタスティック☆by宇宙海賊


この子は誰だろう・・・凄い、会ったことある気がするんです。

起きてから見当がつきました。パートナーのなつみさんじゃねっていう\(^0^)/

ごみ「皆帰っちゃったね」

女の子「そうだね」

ごみ「君はどうするの?」

女の子「一緒にいるよ」

ごみ「でも、ボクは何だか帰れない気がしてきたよ」

そう思うほど体感的に濃い経験。そして長く居れたんだ

女の子「大丈夫、君は帰れるよ。またね」

ごみ「またね?」

意識が覚醒へとスライドしていった。


お早う御座います。朝の三時です^q^

寝たのは11時過ぎ。リアル約4時間ですね


尿意を我慢して、起きるには早いので二度寝。え?テスト勉強?ナニソレおいs(ry


中学校時代の友人Aと潜入

どこぞの中学でどこぞの偉い人が公演するからヤッテコイ的な内容

中学生の制服着て、成りすまして潜入するはずだったのに、二人とも私服で目立ちまくり

階段を上り、図書室を抜ければホールである

階段は誰にも会わずに上れた

問題は図書室である

トビラを開くと、大勢の生徒

お前ら、勉学に励みすぎ!って言うぐらい多くの生徒

こんな大人数の図書室見たことがありません

私服故に皆此方を凝視。変な奴が来たぞという目をしている

友人Aはというとお構い無しに真ん中をふんぞり返って歩いていった。

後につづく。ホールでは受付をしていた。

受付「どなたのご家族ですか?」

生徒かその家族でないと入れないらしい。

友人A「この学校の~~っていうのの従弟なんですけどー」

受付「ご家族で無い場合招待状がいるのですがお持ちですか?」

友人A「はい、これ」

受付「はい、確かに受け取りました。途中、休憩はありません。お手洗はあちらですので」

友人A「行くぞ」

ごみ「え、ちょ。トイレ行きたい」

友人A「しょうがないなぁ。じゃぁ俺も行っとくか」

トイレの扉を開ける。トイレ用のスリッパが無い・・・だと・・・

靴下で乗り込んできたのでトイレの床を歩くのはちょっと・・・・・・

ってことで浮く。うん、夢じゃもう浮けるのデフォみたい。

浮いて小便してたら、生徒もびっくりするわけで。

ちゃちゃ入れられるのもしょうがないわけで。

でも友人よ。気が短すぎる。それでは暗殺前に掴まってしまいます

生徒「うぇッ?お前らなんで浮いてんの?キッショwww」

友人A「なんか文句あんの?」

生徒「まじきもいんだけdjふぉあ」

友人Aの華麗なアッパーで気絶なされました。

周りにいた生徒は唖然。口がポカーンです

友人Aを止めながら、お前らもう何も言うなよ、な!っと目配せ

ごみ「お前気が早すぎ。ほら、もういくぞ」

友人A「あいつが悪い」

引きずって外に出たところで目が覚める


時間は五時三十分。まだまだいけるぜ、三度寝ッ!

リビングで長門マンが寝てる

また家に泊まっているようなんだ。勝手に泊めさせてごめんなさいごめんなさい

なんで長門マンって分かるかと言うと、そう感じたからとしか言いようが無い。

ガチホモフラグさ・・・なんてことはないから怒らないで下さい。ごめんなさいごめんなさい

意識もしていないのに夢に出るなんて不思議だよね!

ウホ、とりあえずコレはいいチャンス

ごみ「長門マン、どうすれば離脱できるかなぁ」

長門マン「ならとっておき教えてあげるよ」

ウホ!

長門マン「ここを押すようにマッサージするんだ」

そういって彼は徐にボクの大事な部分・・・の近くを押し始めたんだ。

長門マン「押している間はここに意識を集中する」

そういって彼は徐にボクの大事な部分・・・のすぐ上を押したんだ。

… その…下品なんですが…ふふ…不覚にもオッキ…してしまいましてね…

尿意によるものなんだけどね!

膀胱の近くを押されるからトイレに行きたくなってたまらん

ごみ「ちょっとトイレ行ってくる」

トイレに行って戻ってきたら、長門マンは何故か下着のシャツを掛け布団にして寝てました

しょうがないので、ボクも横で寝ました・・・フフ・・・



尿意で起き、トイレに行って風呂入って学校に行きましたとさ。

赤い線が押す場所。青いところが意識する場所(丁度恥骨結合部分?)

マッサージ

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gomiheart.blog118.fc2.com/tb.php/557-fbca6f72
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ごみ

Author:ごみ
緩い振動から先に進めない君へ

ボクからプレゼントなのだよ

僕が偶然見つけたものだけども、もしかしたらどこかに同じことが書いてあるかもしれない

キニスルナ!

とりあえず友達はこれで振動の増幅に成功した。

まず、欠伸を我慢してみなさい

その時の感覚はどうだい?

ボクは耳の穴に力を入れるような感じなんだけども。

それを弱振動時に故意に起こすとガクブルもんだぜぇ((((・д・))))

ボクは一瞬で金縛りまで飛ぶ。

あ、弱振動ってのは 揺れたかな? じゃなくて あ、体が揺れてる って感じるぐらいだよ。

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。