Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://gomiheart.blog118.fc2.com/tb.php/757-3ce80e5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

GW2日目 #5~6 エウレカああああああああああああ


ちゃんと寝るまえに寝た時に、つまりは昼寝、仮眠ともいう。

夢でパチンコ屋とゲーセンが複合したような近未来型アミューズメントパーク(関西)に行ったんだけど

その後に、もう一度同じアミューズメントパークに行ったんだけど、偽りの目覚めから入ったから現実だと思ってて

めっちゃテンションあがってて恥ずかしかった(´⊿`)

ごみ「やっべwwwwこれ夢に出てきた場所やんwww配置全部一緒wwwあそこのスロットやればウハウハwwwww」



マジ恥ずかしい(´⊿`)



その後、ちゃんと寝る序にGWの#5~6を聴きました。

案の定、途中で寝ましたけど^q^

さっき聞きなおしてみたら、記憶が無いところで

あなたは安らかな眠りにつきます、みたいな睡眠への導入があったので、寝てしまったらしまったで成功という……


次はDISC2に行ってみたいと思います。

なんかF10は自力で体感していた感があったので。




その寝た後に見た夢。


劇場のような場所。映画館かもしれない。

女の子と隣同士で真ん中らへんに座った。

僕の連れらしい。

まぁ、女の子、エウレカなんですけど。髪の長いVerネ!

エウレカは前髪おろした方が可愛い。ショートも見てるうちにかわいく思えてくるけど。

うん。テンションあがるよね。こうも連日「俺の嫁」が出てくると何か運命的なエレクトを感じちゃうよね。

しかもやってることが大体一緒だったから不思議!



エウレカと座っていたら男がちょっかいを出してきたので、前の座席に移った。

手が重なり合うだけで胸がときめいた。

男がしつこかったので、面倒だったからエウレカを膝の上に乗せた。

こうすりゃ流石にちょっかい出して来ないだろっていう単純な思考^q^

エウレカも別に恥ずかしがらずにちょこんと座ってくれた。

ヤバい、匂いヤバい、ふとももヤバい。

沈まれ俺の愚息。ダメだぜ、今、俺は紳士なんだぜ。

ちょうど股間の上にエウレカのお・・・お股があるわけで・・・

その・・・フフ・・・私・・・勃起・・・しちゃいましてね・・・フフ・・・

って感じのネタが昔ありましたね!

頑張って半分くらいで耐えたよ!アウトだね!


その後に、第三者視点と自分視点で映像が始まった。

宇宙で、ニルヴァーシュのようなロボットに乗っていた。

エウレカってコーラリアンっていう宇宙人の抗体Verと戦うんだけど、今回はロボットと戦ってた。

軍の奴等かな?よくわからんけど多脚かっこいいです。

ニルヴァーシュの腰から下がパージされて、というか分離しちゃって

どうすんだべさーっと思ってたら敵の多脚を奪って合体しやがった。

マジかっけー。多脚かっけー。カラーリングがあってなかったけど……

そこでふと思ったんだ。


エウレカはどこだろう。


一緒に乗ってるはずなのに、周りを見渡してもどこにもいない。

一緒にいる感覚はあるのに、どこにもいない。

エウレカを探した。必死になって探した。

外にいるはずはないけれど、闇雲に宇宙を探した。

探して探して途方に暮れた。


どこにいるんだよ……エウレカ……っとレントンが呟くようにボクはしょぼくりかえっていた。

でも、ボクは気づいたんだ。

温かさに。エウレカの存在に。

こんな近くにいたのになんで気が付かなかったのだろう。

エウレカはずっと一緒にいたんだ。

僕と一緒にずっといたんだ。

僕とエウレカは一つになっていた。



そんな映像を、エウレカを乗っけてみました^q^

起きた時にふと思ったのが

「近づけば近づくほど、見えないものも大きくなる」

という言葉。

一心同体になるほど近づいたが故に、見えていたものが見えなくなることもある。

灯台下暗し。

大切なものは意外と傍にあるのかもしれない。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gomiheart.blog118.fc2.com/tb.php/757-3ce80e5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ごみ

Author:ごみ
緩い振動から先に進めない君へ

ボクからプレゼントなのだよ

僕が偶然見つけたものだけども、もしかしたらどこかに同じことが書いてあるかもしれない

キニスルナ!

とりあえず友達はこれで振動の増幅に成功した。

まず、欠伸を我慢してみなさい

その時の感覚はどうだい?

ボクは耳の穴に力を入れるような感じなんだけども。

それを弱振動時に故意に起こすとガクブルもんだぜぇ((((・д・))))

ボクは一瞬で金縛りまで飛ぶ。

あ、弱振動ってのは 揺れたかな? じゃなくて あ、体が揺れてる って感じるぐらいだよ。

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。