FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://gomiheart.blog118.fc2.com/tb.php/797-e0d36dfc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

もこみち系男子

毎回メールで投稿する度に、間違えて人に送らないかビビってます。ごみです。

今日の夢

料理教室のような場所に遅れていくと知り合いのオカンと知らない女の子と同じグループだった。

ちょっとあれなオカンなので言ってる事が意味わからなかったけど気にしない。

課題と違う料理作るとかワケわかんないこと言ってた。

一旦目が覚めた。寝る


アニメで嫁が出てきて俺歓喜。

声優が全然違ったけど動いてるだけで私は満足です。

レロレロしながら見てました。

その後、親と空港で待ち合わせだったので駅へ。

駅にて、なぜか嫁のダッチなワイフを手に入れた私は洋服に携帯を入れ、とりあえずベンチに設置して目的のホームへ。

ベンチに座って瞑想。

作戦としては、まず携帯を手がかりにワイフに憑依してこっちのホームまで移動。

そこから残留思念によるワイフの意思の確立。

であったんだけど見事に失敗した。

向かいのホームに設置したのでうかがってみると、頭があらぬ方向を向いてたでござる\(^o^)/誰かイタズラしたな

そして周りは気にする事もなくベンチに座っている。

正直取りに行くのが恥ずかしい。

とりあえずコーヒーでも飲んで考えようと自販機で選んでいるとギャルに声をかけられた。

ギャル『あの人形あなたが置いてましたよね』

『えっ』

ギャル『口に突っ込んでる人とかいましたよwww』

『うっうん……』

丁度よく電車が来たから『ごめん、今からロシア行くからっ!じゃっ!』とワケが分からない言い訳をして電車に乗り込む。

とギャルもついてきた\(^o^)/電車待ってるんだし当たり前か

ギャル『え、あなたもロシア行くの?なら私の友達と一緒に行きなよ』

『は?』

もこみち系男子『あ、ども。宜しくお願いします』

『は?ん?』

5人くらいのギャルにそうしなよ、良かったじゃん等々言われ、一緒に行く雰囲気になってしまった……

正直金がない。リアルに18kしかない。ワンチャン親に借りるか……?と現実的な思考になってしまったあたり混乱している。

電車を降りて徒歩。

もこみちに何でロシアに行くのかとか色々話された。

なんでも先輩がロシアに家があるから行こうぜって事なんだけど、先輩は日本人だし、恐らくロシアの知り合いの家にお世話になるだけだと思う。

先輩先に行っちゃってて一人じゃ心寂しかったんですよ。

とか、知るかっ!金ないんじゃいっ!しかし嘘だと言うのも気が引ける。

なんて考えていたら、通りがかった垣根に何故かオオクワガタやカブトムシのサナギがたくさんあって、ギャルが物珍しそうに見ていた。

そこに通りがかった車から二人の会社員らしきおっさんがやってきて、サナギの説明を始める。

カオスだわぁっと見ていたらサソリが出てきた。

これまた近くからひょっこり現れた子供が、サソリを触ろうとするので棒で叩き殺した。

あ、サソリをですよ?子供を叩き殺したりしてませんよ?

ヤダナァ!HAHAHA!

血は緑だった。

そこで大事なことを思い出した。

携帯を忘れているっ!

携帯には住所が載っている。

つまりワイフをボッシュートされた場合、確実に携帯を見られるわけで、家に『お宅のダッチなワイフが駅に放置されていました』なんて電話がきてしまう。

早く携帯を回収しないと家に電話されてしまう。夢であろうとそれは嫌だ。

『あ、あのっ携帯、忘れたんで、戻ります』

ギャル『携帯ぐらい大丈夫だよ!』

『いや、必要なんで……そうだ。後で連絡するんでもこみちの番号教えて下さい』

後で行けなくなったと謝ろうと思ったわけである。

ギャルは不服そうだがどうにか分かってくれたようで、紙に書きはじめた。何故か皆で相談しながら\(^o^)/

暫くして渡された紙には見たことの無い記号が書かれていた。

暗号にしてみたゝω・☆って感じに見られても困ります……

全然分からなかった。

おはようございます。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://gomiheart.blog118.fc2.com/tb.php/797-e0d36dfc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ごみ

Author:ごみ
緩い振動から先に進めない君へ

ボクからプレゼントなのだよ

僕が偶然見つけたものだけども、もしかしたらどこかに同じことが書いてあるかもしれない

キニスルナ!

とりあえず友達はこれで振動の増幅に成功した。

まず、欠伸を我慢してみなさい

その時の感覚はどうだい?

ボクは耳の穴に力を入れるような感じなんだけども。

それを弱振動時に故意に起こすとガクブルもんだぜぇ((((・д・))))

ボクは一瞬で金縛りまで飛ぶ。

あ、弱振動ってのは 揺れたかな? じゃなくて あ、体が揺れてる って感じるぐらいだよ。

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。